髭を濃くしない対策方法

髭を濃くしない対策方法

 

髭が濃くなる原因は、主に男性ホルモンが関係していると言ってきましたが、他にもたくさんの要因が重なって髭が濃くなってしまっている可能性があります。

 

では実際に、これ以上髭を濃くしないように、その対策方法を具体的に見ていきたいと思います。

 

濃い髭を隠す

一番てっとり早い対策が、青髭を隠してしまうことです。コンシーラー(部分用ファンデーション)で隠してしまえば、かなり見えにくくなります。

 

デメリットとしては、少しテクニックが必要なことです。下手に塗ってしまったり、失敗すると逆に目立ってしまったり、肌の色が変に浮いて見えてしまうこともあります。

 

それと、髭を目立たなくさせるためにコンシーラーを使うのであれば、「髭用」というのがあるのでそれを選びましょう。

 

もうひとつ、「日焼け」をして肌の色を濃くしてしまえば、濃い髭が目立たなくなるという方法。これも良い対策なのですが、注意点として、外で自分で日焼けをしてしまうと、紫外線が肌にダメージを与え、結果的に髭が濃くなってしまう可能性があります。

 

なので、日焼けサロンなどにいき、専用のマシーンで日焼けをするのがおすすめです。

 

シェーバーではなくカミソリを使う

次に簡単な対策が、髭剃りの際に電気シェーバーではなくT字のカミソリを使うことです。T字のカミソリを使うと、シェーバーよりも深くしっかりと剃ることができますので、一時的に髭が薄くなったように見えます。

 

深く髭を剃ると肌へのダメージにもつながりますので、保湿クリームや美容液などお肌のお手入れも忘れずに行いましょう。

 

抑毛ローション、脱毛クリーム

長期的に見た対策がこちら、抑毛ローションと脱毛クリームです。

 

抑毛ローションはその名の通り、毛が生えてくるのを抑えるクリームです。ローションに含まれる抑毛成分が細胞に浸透し、毛が生えるのを遅くする効果があります。

 

製品の違いや個人差もありますが、数日から数週間で効果があらわれると言われています。

 

抑毛ローションには保湿成分などの美容成分が含まれていることが多いので、濃い髭に悩んでいる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

 

脱毛クリームは、もっと直接的に髭を薄くする効果があります。
「髭を薄くしたいならまずは脱毛クリームから」と考えている人も多く、費用もあまりかからないために人気が高い対策方法です。

 

脱毛クリームは、毛が生えてくることを抑える抑毛ローションと違い、今生えている毛を溶かして髭を薄くしてしまおうというものです。自宅でクリームを塗って、数分後に洗い流すだけなのでとても簡単で、効果が出ているかその場でわかるのが嬉しいですよね。

 

ただ、脱毛クリームに永久的な効果はなく、結局また生えてきてしまうのが辛いところ。肌の弱い方はクリームに負けて肌が荒れてしまうこともあるので、塗りすぎなどには注意して使いたいところです。

 

脱毛

髭を濃くしない対策方法の中で、一番のおすすめが「脱毛」です。

 

エステティックサロンで行われる光脱毛(フラッシュ脱毛)、医療機関などのクリニックで行うレーザー脱毛、自宅で簡単にできる家庭用脱毛器を使った脱毛など、自分に合った脱毛方法を選ぶことができます。

 

医療機関での脱毛では麻酔が使えるので痛みが少ない、家庭用脱毛器は費用があまりかからず気軽にできる、などそれぞれメリット・デメリットがあります。

 

濃い髭を薄くする対策としては、長期的に見ると「脱毛」が一番効果的で、方法によっては半永久的に薄くすることができます。